僕の好きなうた
詞・曲 竹内崇仁


にぎわう街並み 流れる僕の好きなうた
口ずさむ人たちから逃れようとして 上を向いた
透き通るあの場所へは ここから二百光年とあるらしい
淀んだ空気越しに見つけたカシオペア

君がそれを好きって言うから 僕はそれを嫌いになろうとした
やけに生ぬるい風が心を渇かした
僕がそれを好きって言ったら 君もそれを好きになると思った
バカにオーバーなくらい好きって言ってみた

にぎわう街並み 流れる僕の好きなうた
口ずさむ人たちから逃れようとして 上を向いた
透き通るあの場所へは ここから二百光年とあるらしい
淀んだ空気越しに見つけたカシオペア

君のものは僕のもので 僕のものは君のものだって
やけに息苦しい冬の始まりがやってきた

握った手 にじみ出る汗 僕の好きなうたここで流れている
空高くで響き渡れ 上を向いて
透き通るあの場所へは ここから二百光年だ
ああ今にもつかみとれそうな気がしたカシオペア


THE リマインズの楽曲一覧