あの地平線の向こう側
詞・曲 竹内崇仁


100年前に君が夢見た未来は今ここにあって
それは僕にとってあたりまえのことだった
100年後の僕が笑って話してる昔は今ここにあって
これも僕にとってあたりまえのことだった

風の匂いが心を誘う ほらね 僕らを迎えに来た
昔の未来 未来の昔 こうやって時を刻んでいく

あの地平線の向こう側 広がる僕らの夢の息吹たちよ
向かい風に飛び乗って 地球の背中押してやれ
道に迷ったりもするけど 行き先は最初から決まってるんだ
飲み込んだ地図を頼りに 明日に向かって

ずっとここにあったものは今も変わらずここにあって
これも僕にとってあたりまえのことだった

見上げた空に吸い込まれていく やがて明日にたどり着いた
いつかの君に会いに行くんだ こうやって時を刻みながら

あの地平線の向こう側 広がる僕らの夢の息吹たちよ
向かい風に飛び乗って 地球の背中押してやれ
道に迷ったりもするけど 行き先は最初から決まってるんだ
飲み込んだ地図を頼りに 明日に向かって

あの地平線の向こう側へ



THE リマインズの楽曲一覧